スポンサーサイト

  • 2006.10.22 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ん?日本はヤベ〜じゃん?




ん?日本はヤベ〜じゃん?



ホントにヤバイんですよ!
僕は日本から遠く離れて暮らしている事が多いんですよね。
だから、半分、浦島太郎になってしまっているんですよ!
うへへへへ。。。。

そういうわけで僕にとって日本語が外国語のようになっている!

なぜ?

僕は変わっていないのに、日本語が勝手に変わってゆく!
ホントにヤバイよォ〜〜

このヤベ〜じゃん!の使い方ですよね。
おとといも書いた事ですが、
もう一度書きますね。


ヤベ〜じゃん!

昨日、テレビを見ていたら「ヤバい」という言葉が
世代によって正反対の意味で使われていると言っていました。

私はオジサンですから「ヤバい」という言葉は当然、
まずいことが起こった時に使います。

ところが、今の10代は半分以上、20代でも半分近くの人が
“すごい”とか“すごくいい”という意味で使っているらしいのです。

確かに最近、高校生が
何でも「ヤバい」と言っているのが気になってはいたんですが…

私は言葉は時代とともに変っていくものと思っているので
「まあ、しょうがないか」と思っていますが、
同じ言葉を違う意味で使う世代が混在している時期は混乱しますね。

ヤベーじゃん。
オレのブログ読んだ若い連中は「コイツ言葉の使い方、
変じゃん」と思ってるかも。(^_^;)



『ヤベーッ!』より


でもね、日本語だけが乱れているわけじゃないんですよね。
日本語が乱れていると言うよりも
僕は改めて“日本がヤベ〜じゃん!”という感じを持つんですよ。

つまり、言葉が乱れているんじゃなくて、日本が乱れているのではないか?
だから、日本語までが乱れているのではないか?

どうして。。。?

今夜のテレビニュースを見てくださいよ!
悲惨な事件が今夜も報道されますよ!
他の先進諸国と比べて、日本には悲惨な事件が多すぎますよ!
親殺し。
息子殺し!
娘殺し!
子供の虐待!
幼児殺し
。。。。

誰が、こんな日本にしてしまったのかああああ?

心のねじまがった政治家ですよね!
年金をごまかすような心のねじまがった政治家ですよ!

そして、その政治家に、
いまだに政治をやらせておく日本国民の政治意識の低さですよ!

仲良くするのは、確かに良いことですよ!
僕も、その事を認めますよ!

しかし、年金をごまかした政治家と仲良くして一体何になるんですか?
馬鹿馬鹿しい!
“仲良くしましょうね”と言った聖徳太子が聞いたって馬鹿馬鹿しいと思うでしょうね!?

仲良くするのは良いけれど、
健全な批判精神を忘れてしまうと、現在の日本のように
良い政治家が生まれてこないんですよね!

駄目な政治家が最も悪い!
でも、命をかけて批判しない我々日本国民の怠慢でもあるんですよね!

日本人一人一人の政治意識を高めることですよね。
現実を見てください!
日本国民の政治意識が低いから日本が病んでいる!

海外から見れば一目瞭然ですよ!

国民の政治意識が高いとはどういうことか?

例えば、アメリカで年金をごまかす政治家が出たとします。
すると、カリフォルニア州民がリコールしてアーニーちゃんの前の
“悪徳州知事”を辞めさせてしまったように、
民衆の怒りや不満がリコール運動になって、
年金をごまかした政治家をリコールします。
つまり、辞めさせてしまう!

ところが、日本では、このような運動にならない!
政治意識がないからです。
無いと言って御幣(ごへい)があるなら、政治意識が極めて低いからです。

“仲良くしましょう”
“触らぬ神にタタリ無し”
“見て見ぬ振りをする”
“長いものには巻かれろ”
“出る杭は打たれる”

つまり、“事なかれ主義”なんですよね。

だから、年金をごまかした悪徳政治家が、
いまだに国会議事堂の中をウロウロしている。
年金をごまかす政治家も悪い!
しかし、ごまかした政治家をそのままにしておく日本国民も悪い!
要するに、日本国民の政治意識が極めて低いという事ですよね?!



大統領がついた真っ赤なウソ!!

大統領といえども、あくどい事をすれば引き摺り下ろされてしまうのがアメリカですよ。
ニクソン大統領は、引き摺り下ろされそうになったので、自分から辞めてしまった!
つまり、アメリカ人の政治意識がニクソン大統領を辞めさせたわけですよね。

ところが、その政治意識が日本国民にはほとんど無い!
だから、日本国民を甘く見て、年金をごまかした政治家が、
いまだにノウノウとしている!

フランス革命によって欧米の近代市民が生まれた!

国を自分のものと考えて好き勝手なことをやっていた王様の首をちょん切る
王様と一緒に勝手で身勝手なことをやっていた貴族の首をちょん切る!
当時、年金をごまかした政治家がフランスに居たら、
首をちょん切られてしまったわけですよね。
そうやって近代市民が誕生したんですよ。

分かるでしょう?
そうやって、社会的自我に目覚めた近代市民が誕生したんですよ!
世界のネット市民はその近代市民の心の遺産を引き継いでいるのです。

World Wide Web はスイス、ジュネーヴの欧州共同原子核研究機関 (CERN)
の顧問ソフトウェアエンジニアだったTimothy Berners-Lee によって生み出され
そのソースコードが1991年にネット上で公開されて、ウェブが爆発的に広がったのだけれども、
このネットでウェブを使うネット市民も近代市民として自覚すべきだと僕は思いますね。



つまり、近代市民とは?
世界のネット市民とは何か?

確固とした社会的自我を持つことですよね!
しっかりとした自分の意見を持って、間違ったことに対しては、
しっかりと批判することですよ!
それこそが近代市民の条件ですよ!

ニクソン大統領を退陣させたのは
健全な批判精神がアメリカのメディアに根付いていたからですよ!
だからこそ、ワシントンポスト紙のボブ・ウッドワード記者が
ウォーターゲート事件という暴露記事を書けた。

日本だったら、
“仲良くしましょう”
“触らぬ神にタタリ無し”
“見て見ぬ振りをする”
“長いものには巻かれろ”
“出る杭は打たれる”

つまり、“事なかれ主義”があったから、もみ消されてしまったかもしれませんよね!?

しかし、メディアもアメリカ国民も健全な批判精神を持っていた!
だから、前の“悪徳カリフォルニア州知事”はリコールで辞めさせられた。
ニクソン大統領も辞めなければならなかった。

ところが、日本では年金をごまかした政治家の多くが、
いまだに国会議事堂の中をうろついている!

健全な批判精神が日本には根付いていないからですよ!
“批判”すると、日本では“誹謗中傷”と受け止められてしまう。

そんなことを言わないで、“仲良くしましょうね”と言われてしまう!

丸め込まれて“事なかれ主義”で表面的には仲良くやっている。
しかし、日本国民の大多数は不満タラタラですよ!
あなただってそうでしょう?
ストレスがたまっているでしょう?
うへへへへ。。。。

僕は草の根運動、草の根政治(grassroots net politics)を信じています。
日本を良くしようと叫んだところで、すぐに良くなるわけがない!
どうすればよいのか?

ブログで記事を書くことによって、こうしてお互いの政治意識を高める。
そうすれば、僕とこの記事を読んでいるあなたの
少なくとも二人の日本人の政治意識が昨日よりも高まる。
そのように期待しながらやっています。

じゅぁきさんが言ってました。



でも、でも、もっと根底に基本的なものとして、

人は自分が大切だからこそ、

他人をむやみやたらに

傷つけてはいけないという精神だと思うんです。


じゅぁきさんが書いていたように、このような精神も確かに大切です。
しかし、もっと大切なのが健全な批判精神だと思います。

なぜか?

“批判のないところに進歩なし!”

僕はこの格言を素直に信じています。
その通りだと思っています。

だからヤバイ日本語を使っている人が居たら
批判する事は大切ですよね。


“愛なき批判は空虚にして、

 批判なき愛は盲目なり”


これも僕の座右の銘にしています。
そう言う訳で
寅さんのように優しい批判を心がけています。うへへへへ。。。

一人でも多くの人が“社会的自我”に目覚め
しっかりとした意見を持って、
駄目な政治家に対して、
病んでいる日本の政治に対して
断固として批判する!
その気構えを持つことが必要だと僕は信じているのですよ!

そうでない限り、日本の将来はお先真っ暗ですよね。
あなたも、そう思いませんか?

実は、ここまではおとといの記事(『ヤベ〜じゃん!言葉は生きてんだよ!』)に書いた事なんですよ。

Realogのブログに書いた同じ記事に
メンバーのダ・ヴィンチさんから次のようなコメントをもらいました。
いつもありがとう!




こんばんわ。
本当に悲惨な事件や醜悪な事件ばかりが目立つ日本。
飲酒運転撲滅が何故かそんな不祥事は
何故か世間的地位高い人間ばかり。

政治家だって中身の無い二世とか庶民育ちでは無い人間ばかりでしょう?

何だか本当、世間一般に属して生きる私達の将来って危惧するばかりですわ。
政治意識と言うか、そうした偉そうな輩と真っ向対峙出来る思想と主義主張、
総括的に言えば自尊心の無い国民にも責任ってありますよね。

私の視点も卑屈でしょうけど、
実際に自身の国の現状を明確に把握する必要が誰にでも有ると思います。

こういった記事は刺激的で興奮します。
有難う。相変わらず読み応え有ります。

此れからも熱い記事期待してます(ノ∀≦)。

by ダ・ヴィンチ 10/04 17:55

『ヤベ〜じゃん!言葉は生きてんだよ!PART 3 (2006年10月4日)』のコメント欄より


こういうコメントをもらうと励みになりますよね。
僕はさっそく次のような返信を書きました。
 



ダ・ヴィンチさん、コメントありがとう!
実に励みになりますよ。
うへへへへへ。。。。
(マジで!)

励ましてもらうだけでなく、
ダヴィンチさんのコメントを読んで、
またインスピレーションが湧いてきましたよ!
さっそく、近いうちに使わせてもらいますよ。

最近、日本へ何回か電話したのですが、

“近頃の日本おかしくなってるよ!”

“どうしてこんなになってしまったのか、ホントに分からないわぁ〜?”

そういう愚痴めいた事を聞きますよね。
愚痴というよりも諦めに近いですよね。
もう、うんざりしているという感じなんですよね。
そう感じながら、日本で生きている!
感覚を鈍感にしながら生きているような印象を受けますよ。

僕だけの印象であって欲しいと祈って居ますが。。。。

とにかく、ダヴィンチさんのコメントをもらってブログを書く事に、
ますます意義を感じています。
うしししし。。。。
(でも、マジだよ!)

そう言う訳です。
感謝です。

Thanx millions!
じゃあね。



by デンマン  2006/10/05 14:24


最近、ダ・ヴィンチさんから励ましのコメントを、結構たくさんもらっているんですよ。
本当にありがたいことです。

そう言う訳で、ダ・ヴィンチさんのコメントを使わせてもらって、いくつか記事を書いているんですよね。
試しに検索エンジンにどれだけ掲載されているかを調べてみました。

『GOOGLEで“ダ・ヴィンチ デンマン”を入れて検索した結果』

2006年10月6日午前5時現在で、なんと、1,320件掲載されています。
そのうちの94件が表示されています。
僕が書いた記事は、このうちの20件ぐらいです。

“デンマン”を入れて絞ったつもりでも、
新作映画 「 ダ ・ ヴィン チ ・ コード 」と
あの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチについて書かれた記事が引っかかってしまうんですよね。

いずれにしても、ダ・ヴィンチさんからもらったコメントによってインスピレーションが湧き起こり、
それで記事を書いた事が最近あるんですよ。
その結果が上の表示として現れたわけです。

かつてはフルーツ・ブログのメンバーのじゅぁきさんからも、たくさんのコメントをもらい、
同じようにインスピレーションをもらって僕は記事を書くことができました。

フルーツブログで“じゅぁき”と入れて検索した結果を示すと
次の通りです。

■ ん?まったり愛する?(2006/09/26 Tue 14:18)

■ まったり?知ってますよね。(2006/09/24 Sun 15:41)

■ お願い、いつまでも愛して(2006/07/24 Mon 07:32)

■ ん?良識って何?(2006/07/23 Sun 11:39)

■ 政治意識が薄い事は悪いのか?(2006/07/21 Fri 12:15)

■ ん?前向きなコメント?(2006/07/19 Wed 18:13)

■ 親愛なる愚かなマクベス君(2006/07/17 Mon 14:20)

■ 国が必要だと思いますか?(2006/07/15 Sat 16:16)

■ 母なる言葉を奪われたアイヌ人(2006/06/27 Tue 11:07)

■ 平和を愛し仲良く暮らしていた古代日本人(2006/06/25 Sun 10:52)

■ 万物に神が宿ると信じ、平和に感謝して生きる民族。(2006/06/21 Wed 15:09)

■ 戦争を無くす事はできますよね。(2006/06/15 Thu 12:58)

■ 2ちゃんねるで“生まれ育った”偽善者(2006/05/24 Wed 13:24)

■ 日本も、また戦争をやるのでしょうか?(2006/05/20 Sat 14:06)

■ 日本にも戦争をやりたい政治家が居るの?(2006/05/18 Thu 12:38)

つまり、僕が書いた記事に有意義なコメントをもらい、
インスピレーションが湧き起こって、こうしてまた新たな記事が書けるんですよね。
励ましのコメントをもらったり、好意的なコメントをもらうことも
少ないですが、あります。

次のリンクをクリックすると、そのようなコメントの数々を見ることができます。

『☆ バークレー(デンマン)さんを励ますコメントの数々 ☆』

しかし、この反対に批判しているコメントもあります。
次のマクベス君が書いたコメントは、本人は“批判”と書いていますが、
“誹謗中傷”と言った方が良いコメントです。

なぜ?

根拠が書かれていないからです。
根拠を書かずに、非難することを“誹謗中傷”と言います。
つまり、根拠の無い悪口を言う事です。

では、マクベス君のコメントを読んでください。



失礼。下世話ながら批判させて頂きます。
ネチケットマナーに対する価値観、
日本国民のイメージ、どのように思い描こうが
貴方の自由です。
どこに記載しようが自由です。

”言論の自由”は民主制云々以前に、
人間の尊厳であって然るべきものですから。
そこは否定しません。

が、貴方はあえてマジョリティを否定し、
アイデンティティを形成する為にブログを製作している。

自己の為に侃侃諤諤する事を私は否定しませんが、
文章を咀嚼して察するに、寂しいんですね。貴方は。

個人叩きと、自己発信は必ずしも矛盾しません。
どちらも個が形成する思想ですし、
他者を屈服させる事に愉悦を感じるのもまた、ごく平凡な事です。

それ故、酷く滑稽に映ってしまいます。
他者を幼稚と哄笑する貴方の幼稚さが。
いや、幼稚さとは少し違うか。どちらかといえば、
懐古主義に囚われた哀れな所が と言った方が正しいのかもしれないですね。

残念な事に、貴方の様な方が、今この日本に溢れ却っています。
貴方の言う狂った日本は、貴方自身です。

そして貴方が書いた文章の数々は、何一つ発信されていません。 
自虐行為そのものです。

前を見ましょう。
今のこのブログからは何も生まれません。


by MaCBeth

(2006/03/16 06:15)

『ネチケットを知らない愚か者たち』のコメント欄より


このコメントはマクベス君が今年の3月に書いたものです。
僕が書いた記事に対して、このような見方をする人も居る!

しかし、読んですぐに分かるのですが、

すべて憶測で話を進めている!

根拠がどこにも書いてない!


つまり、マクベス君は鏡に向かいながら、人差し指で自分をさして
次のように言っているのです。




他者を幼稚と哄笑する貴方の幼稚さが。
いや、幼稚さとは少し違うか。どちらかといえば、
懐古主義に囚われた哀れな所が と言った方が正しいのかもしれないですね。

残念な事に、貴方の様な方が、今この日本に溢れ却っています。
貴方の言う狂った日本は、貴方自身です。


こうしてマクベス君は、

自分自身のことを言っている!


でも、このような、一見まともな事を書いていながら
自分のブログのURLも、ホムペのURLも、あるいはメールアドレスも書くことができない!
つまり、社会的自我が未だに確立していない!
自分では大人になったつもりで居るのに、相変わらずオツムの程度は中学校3年生ですよね。



マクベス君は、このような恥ずかしい姿でしかコメントが書けない!
もし、貴方が僕の記事にコメントを書く時は、このような恥ずかしい姿で書かないで下さいね。
そういう時には2ちゃんねるへ行って好きなだけ僕の悪口を書いてくださいね。
うへへへへ。。。。

2ちゃんねると言うのはそういうところなんですよ。
うししししし。。。。



ところでマクベス君の記事がどれほど検索エンジンに掲載されているのかと調べてみたら、
驚きましたよ!
GOOGLEで調べてみたら、なんと 47,300件も引っかかりました。
(2006年10月6日午前5時現在)

『GOOGLEで“マクベス君”を入れて検索した結果』

僕が調べた時点では、トップから20位ぐらいに現れた記事はすべて僕が書いたものです。
つまり、僕が“マクベス君”と言っている人物の他にもマクベス君という人間が居るんですよね。
僕は確かにマクベス君についてたくさんの記事を書いたけれど、
4万件も掲載されるほど書いたわけではないんですよね。

実は、“マクベス君”と呼んでいるのは僕だけで、
マクベス君本人は“MaCBeth”と言うハンドル名を使っています。

試しに、“マクベス君 MaCBeth”を入れて検索してみました。

『GOOGLEで“マクベス君 MaCBeth”を入れて検索した結果』

860件見つかりました。
しかし、これでも多いんですよね。

僕はマクベス君について20件ぐらい記事を書いているかもしれません。
僕の30のブログと20の掲示板に掲載されているとして。。。

20件 * (30のブログ + 20の掲示板) = 1000 件ネットで公開されている

僕がマクベス君について書いた記事が、最大で1000件検索エンジンで表示されるはずです。
。。。と言う事は 860件でも多くは無いんですね。うへへへへ。。。。

でも、検索結果をよく見ると、
シェークスピアのマクベスが出てきたり、
劇団☆新感線の最新作「メタル マクベス」が出てきたり。。。
音楽性を強調した生バンドとのコラボレーションでシェイクスピア作品に初挑戦。
こういう説明がありました。

そう言う訳で、よく名前の知られたハンドル名を使うと紛らわしいのですよね。
いづれにしても、僕がマクベス君について書いた記事が、かなりの数、検索エンジンに載っている事は確かです。

マクベス君の特集記事が読みたかったら
次のリンクをクリックして記事検索窓に“マクベス君”と入れてクリックしてください。

『少しでも日本を良くしたいと思う人の掲示板 記事検索』

現在14件の記事が表示されます。
どれも面白い読み物ですよ。

興味があったら、読んでみてくださいね。

いずれにしても、ダ・ヴィンチさん、インスピレーションを与えてくれるコメントを書いてくれてありがとう。

では、この記事を読んでくれている貴方に。。。
読んでくれて本当にありがとう!
もし、貴方が僕の記事にコメントを書く気があったら、
覆面しないで、正々堂々と書いてくださいね。

僕の欠点や、短所を書いてくれても良いけれど。。。
どうか、インスピレーションを与えるような、読み応えのあるコメントを書いてくださいね。

大人になる事とは。。。。
社会的自我を持つことですよ。

そして、社会的自我とは。。。?
そのようなインスピレーションを与えるコメントが書けると言うことですよね!
うへへへへへ。。。。

勝手なことを思う存分書いてしまいました。
でも、マジだよ!

とにかく、ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
じゃあね。



あたちはデンマンさんに飼ってもらっている

ボヴァリーたんです。

これからも、どぞよろちく。

あたちの事は次のリンクをクリックすると

おもちろい事がたくさん

書いてありまちゅよ。

『リヴリーのボヴァリーちゃんのお部屋はこちらです。

どうぞご自由にお入りくださいね。』


ぜひ見てくだちゃいね。

では、またお目にかかれる日をたのちみにちていまちゅ。

うちちちちち。。。。

じゃあ、今日も一日たのちく愉快に

ネットサーフィンちまちょうね。

バイバ〜♪〜イ。





calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM